[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一部の東京都立高校では、2日午前にあった合格発表を急きょ、ホームページ(HP)でも見られるようにした。

 小山台高校(品川区)は、例年は校内に掲示しているだけだが、今年はHPにも掲載。安倍晋三首相が2月27日に全国の小中学校に臨時休校を要請したことをきっかけに、検討を始めたという。

 担当者は「中学生になるべく不必要な移動をさせないため、学校として判断した」。ただ合格者は、例年通り学校に出向いて手続きの書類を出す必要がある。

 南平高校(日野市)も初めて、HPへの掲載に踏みきった。「不要不急の外出を控えるよう国も都も呼びかけている状況を考え、学校として判断した」と担当者。安倍首相の要請後、保護者から合格発表について問い合わせが相次いでいたという。

 とはいえ、事前に受験生に十分な時間をとって周知したわけではなく、2日午前9時に始まった校内での合格発表にも受験生が訪れている。受験生に対応する教職員は全員マスクをつけ、体調不良の教職員は参加していないという。

 合格発表をHPに掲載するのは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら