未来のタカラジェンヌが卒業 恒例のブーケ贈答はなし

太田康夫
【動画】宝塚音楽学校で卒業式があった。第106期生の39人が、あこがれの舞台への第一歩を踏み出した=白井伸洋撮影
[PR]

 未来のタカラジェンヌをめざし、ダンスや声楽などを学ぶ宝塚音楽学校兵庫県宝塚市)で2日、卒業式があった。2年前、競争率24・1倍の難関をくぐり抜け入学した第106期生の39人が、あこがれの舞台への第一歩を踏み出した。

 新型コロナウイルスの感染予防のため、卒業生は会場に入るまでマスクをつけた。保護者の出席人数を制限し、恒例だった在校生からのブーケ贈呈も省略した。

 式典で一人ひとり名前を呼ばれた卒業生は、小林公一校長から卒業証書を受け取った。総代で東京都世田谷区出身の平野花奈さんは「清く正しく美しくの教えを深く心に刻み、誇り高き宝塚歌劇団の生徒として、より一層精進して参ります」と決意を述べた。

 卒業生は4月24日から宝塚大劇場で始まる月組公演で初舞台を踏み、ラインダンスを披露する。(太田康夫)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません