[PR]

東日本大震災9年、復興のバトン

 「被災して困っていても、できることがある。誰かの役に立てることで、心が元気になるんです。ね、みんな生き生きしてるでしょ?」。テディ・サーカさん(72)は微笑(ほほえ)む。

 米国出身で、日本に住んで45年。2007年に宮城県七ケ浜町に移り住み、高台にある自宅で東日本大震災に遭った。家族は無事だったが、町は高さ約12メートルの津波に襲われ、約35%が浸水。気力を失い、命を絶つ人が続いたという阪神大震災後の報道が頭をよぎった。幼い頃から親しんだ編み物で何かできれば――。故郷の米国から毛糸と編み棒を送ってもらい、完成したばかりの仮設住宅を訪ね、呼びかけた。「一緒に編み物をしませんか」

 最初は参加者それぞれが小さな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら