[PR]

現場へ!認知症当事者はいま⑤

 日本では今、認知症と診断された人が5万人以上も精神病床に入院している。背景には、住み慣れたまちでの暮らしを支える体制の不備や、約33万という精神病床の多さがある。先進国が50年前から病床を減らし、地域生活支援に転換する中で日本は特異だ。

 「紙一重なんだよね、僕も」

 認知症の当事者として発信を続ける丹野智文さん(46)が、いつになく沈んだ声でいった。

 当事者活動を一緒にしていた男性が、家族や周囲の事情から精神科に入院し、変わり果てた姿で亡くなったからだ。本人の意に反する入院。その混乱と恐怖、無念。同じ当事者として、耐えがたい怒りと悲しみがあった。なぜ、彼は死ななければならなかったのか。どうすれば最期まで、自分らしく生きることができるのか。

 長野県上田市の春原(すのはら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら