[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中小企業の景況感が急速に悪化している。経営破綻(はたん)する事業者も出始めた。中小企業などが加盟する日本商工会議所は「多くの業種で悲鳴に近い声が出ている」として、政府に中小企業の経営支援を求めていく方針だ。

 日商が先月28日にまとめた2月の早期景気観測調査(全国の1970社が回答。回答率75%)によると、業況DI(前年同月より「好転」と答えた割合から「悪化」の割合を引いた値)は全産業でマイナス32・6。1月に比べて5・8ポイント落ちこんだ。2012年12月以来の低い水準で、製造業が10・4ポイント減のマイナス41・5、卸売業は8・6ポイント減のマイナス37・5だった。三村明夫会頭は2日の記者会見で「非常に大きなマイナス」と危機感をあらわにした。

 日商は今後、政府に対し①求職…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら