[PR]

 中国政府は1日、ネット上の情報への規制を強める「ネット情報コンテンツ環境管理規定」を施行した。デマのほか、経済や社会の秩序を乱す情報を流すことを禁じる内容。新型コロナウイルスへの対策で、当局の対応や情報公開のあり方に疑問が出ているさなかだけに波紋を呼びそうだ。

 新規定はネットコンテンツの制作者は国益を損なってはならないとし、献身的な仕事で「英雄」と称される党員らの功績を否定する内容や、宗教政策への批判なども禁じる。自然災害や重大な事故に際し、「不当」な評論をさせないことも求めている。その一方、習近平(シーチンピン)国家主席の政治思想に関する宣伝をネットニュースのトップページに置くことなどを推奨している。

 中国では新型ウイルスの感染拡大に警鐘を鳴らし、当局に処分された湖北省武漢市の医師、李文亮氏が死去。李氏が残した「健全な社会であるならば、声は一つだけになるべきではない」という言葉が共感を呼ぶなど、当局の情報統制への不満も高まっている。(北京=福田直之)