[PR]

 ドイツの大衆紙ビルト(電子版)によると、東部ライプチヒで1日に開かれたサッカー1部リーグのライプチヒ対レーバークーゼン戦で、観戦していた日本人の団体客が球技場から追い出された。「日本人なので新型コロナウイルスに感染している可能性がある」との理由だったという。チーム側は2日、事実関係を認め、謝罪の声明を出した。

 ビルトなどによると、この日本人の団体客は入場時には問題なく入れた。ところが、試合開始から15分ほどすると、保安担当者から退場するように求められたという。

 ライプチヒは2日に出した声明で、国の医療研究機関の推奨に沿って「保安担当者が潜在的に感染のリスクがあるグループをチェックする必要があった」と説明。「多大な不安から、日本人客への解釈に誤りがあった。間違いをおわび申し上げる」とした。関係者と連絡をとったうえ、「次のホームゲームに招待したい」としている。

 ドイツでは2日時点で、157…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら