[PR]

 長野県池田町は臨時休校を、国の要請通りの2日からではなく、2日遅れの4日から実施する。

 同町の竹内延彦教育長(53)は、自身のフェイスブック(FB)で国の方針に反する決定に至った背景や理由などを詳細に説明。全国から反響が相次いだ。朝日新聞の取材に「ささやかな抵抗かもしれないが、上意下達にそのまま従う気持ちはなかった」と振り返った。

 国の要請は突然だった。2月27日夜、首相が表明したことを伝えるニュースを聞き、翌28日午前、急きょ甕(もたい)聖章(きよあき)町長、竹内教育長、町内の小中学校校長3人らが集まった。出した結論は「4日から」。この時点では「他市町村も2日からの実施は難しいだろう」と考えたという。

 2日間の猶予を持たせたのは「まず子どもたちに少しでも気持ちの準備をさせたかった」からだ。「年度末ギリギリの3月に突然『学校は明日でおしまいです』と言われた子どもたちの気持ちを想像するに、国に言われるがままに『月曜から休め』とは、私はとても言いたくない」

 現場の先生たちにも「2日からは乱暴すぎる」、保護者にも「仕事の調整などの準備期間が最低限必要」と考えた。「2日から休めば、保護者に『国や県がそうしろと言っている』という以外の答えは思い浮かばず、私の信条に反する」。結果的に国の方針に反したが、現実的な判断ができたと考えていると話す。

 FBには29日明け方に投稿。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら