[PR]

 中国のネット通販最大手のアリババグループは、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、日本に100万枚のマスクを寄付することを明らかにした。マスクは3日に日本に届く予定で、民間団体を通じて医療機関などに配布される予定だという。

 2日にアリババが発表した。アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏は、今回の支援にあたり、ウイルスの感染が当初中国湖北省の武漢を中心に拡大した際、日本から中国へ医療物資が寄付されたことに感謝の意を示した。自身が設立した基金などが日本へ送るマスクを調達したという。