[PR]

 「あそこで引き返せなかったのは大きな反省事項。非難されても仕方がない」

 関西電力が金品受領問題の社内調査を2018年秋に終えた後の経営判断を巡り、ある幹部は翌年の3月に届いた告発文書への対応を悔やんだ。

 「お客様から頂いている電気料金」が、原発工事の発注を通じて関電の幹部たちに「還流」していた――。

拡大する写真・図版岩根茂樹社長に送られた告発文書

 岩根茂樹社長宛ての文書はそう指摘し、「関与した一連の幹部を追放すること」を要求。ほぼ固まりつつあった6月の株主総会での役員人事の見直しを求めた。問題の「隠蔽(いんぺい)」を続ければ報道機関にも情報提供すると書かれていた。

 受け取った岩根氏は直ちに八木…

この記事は有料会員記事です。残り1466文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。