[PR]

 昨年7月の参院選で初当選を果たした河井案里氏(自民、広島選挙区)の陣営をめぐり、初めて疑惑が浮上したのは投開票日から約3カ月後の昨年10月末。週刊文春(電子版)が、案里氏の陣営が選挙カーに乗る車上運動員に対し、法定上限の2倍の日当を支払った疑いがあると報じた。

 この報道翌日の10月31日、案里氏の夫の克行衆院議員(自民、広島3区)が法相を辞任する事態に発展。その後、大学教授や広島の市民団体メンバーらが、公職選挙法違反(買収)容疑で刑事告発した。

 12月から車上運動員らへの任…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら