新型コロナ、与野党が党首会談へ 法改正への協力要請か

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の対応をめぐり、自民党森山裕国会対策委員長は3日、立憲民主党安住淳国対委員長と国会内で会談し、安倍晋三首相自民党総裁)と野党の各党首との党首会談を4日に開催したいとの考えを伝えた。

 首相が野党各党首と個別に会談する形式を想定。現行の新型インフルエンザ等対策特別措置法の速やかな改正について協力を要請する見通しだ。野党側は会談には応じることを決めた。

 森山氏は安住氏との会談で、4日の参院予算委員会後の同日夕に党首会談の開催を求めた。会談後、記者団に「特措法をどう成立させていくか。時間との闘いだ。速やかな成立のために野党の理解をいただかなければならない。そのことを安倍総理がお願いをされるという場面があるのではないかと予測している」と語った。

 要請を受け、野党側は国対委員長会談を開催。それぞれ各党に持ち帰り、党首会談に応じることを決め、安住氏を通じて森山氏に回答した。与党内には早期の改正を図るため、議員立法で対応する考えが有力になっているが、安住氏は記者団に「危機的状況で議員同士で法案を成立させるのは無理があるのではないか。政府が責任を持って出したものに対して質疑をして閣僚の答弁を求めるとなれば、閣法の方が現実的ではないか」と述べ、議員立法での改正には慎重な考えを示した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]