[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、東北、上越、北陸各新幹線の3月の指定席予約が前年からほぼ半減している。2月の輸送実績は約1割減で、影響は次第に深刻化しているという。

 JR東日本の深沢祐二社長が3日の定例会見で明らかにした。

 新幹線の2月全体の輸送実績は1割減だったが、最終週(23~29日)に限ると落ち込み幅は2割に拡大していた。成田空港と都心部を結ぶ在来線特急「成田エクスプレス」は2月全体で3割減、最終週では5割減だった。

 イベント中止が相次いだ2月2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら