[PR]

 大分市は3日、市内の接客業の30代女性が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。大分県内で感染が確認されたのは初めて。

 市によると、発熱や頭痛などの症状があり、県立病院に入院した。重症化はしていない。2月23日に症状が出始め、24日に市内の医療機関を受診。症状が改善しないため25日、3月2日にも医療機関を訪問後、帰国者・接触者外来を受診した。3日に県衛生環境研究センターでPCR検査を受け、感染が判明した。

 女性は大分市都町2丁目のラウンジ「サザンクロス大分」に勤務。症状が出る前日の22日まで出勤しており、市は店に消毒や営業の自粛を要請した。勤務先の同僚約30人を濃厚接触者として調べている。

 また、23日には市内のスポーツジムを利用。店や客やジム利用者らで接触した人数についても調査中だ。女性は発症前の2週間に県外には出ていないという。

 市はラウンジの名前について、不特定多数の人が出入りする場所で、感染拡大を防止するために公表した。一方、ジムについては「会員が限られており、濃厚接触者は特定できる」として名前を公表していない。(小林圭)