【動画】天国に旅立った在りし日のツヨシ=三沢敦撮影
[PR]

 悩むように頭を抱えるポーズで人気になった徳山動物園(山口県周南市)のマレーグマ「ツヨシ」(オス、32歳)が2日午後5時ごろに死んだ。死因は老衰。園によると国内で飼育された個体の歴代最高齢。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4日から15日まで休園する予定で、再開後に「お別れ会」を開く。

 園が3日に発表した。1年ほど前から異常な呼吸音があり、投薬治療を続けていた。ここ数日は衰弱が激しく、横になったまま起き上がれない状態が続いた。

 1987年にミャンマーで生まれ、94年に来園。「悩むクマ」としてブレークしたのは2005年のことだ。前妻のレーコに見つめられると餌を落とし、頭を抱えている間に食べられてしまう。夫婦漫才のような姿が人気を呼び、来場者が急増した。

 レーコの死後は18歳年下のマーヤと再婚。連れ添って13年目を迎えていた。

 飼育員の久保統生(とうき)さん(27)は「数日前から体調がかなり悪く、覚悟はしていた。徳山動物園を盛り上げてくれたツヨシには感謝しかない。高齢個体の飼育を通じ、生きる強さも学んだ」と話した。(三沢敦)