[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大につれ、全国各地の店頭で、デマがきっかけとみられるトイレットペーパーの品薄が起きている中、「ふるさと納税」の返礼品にトイレットペーパーを扱う愛知県春日井市と岐阜県本巣市が、2日から受け付けを停止した。申し込みが殺到し、発送が追いつかないためだという。

 春日井市は「王子ネピア」の工場が市内にあるのが縁で、2015年の制度開始時から同社製品を返礼品にしている。市のふるさと納税では、1万5千円の寄付で2枚重ねトイレットペーパー96ロールやティッシュペーパー60箱などを受け取ることができる。

 今年に入ってから2月26日までのトイレットペーパーの申し込みは160件だったが、27日から急増。3月1日までの4日間で459件に上った。同社の代理店がさばき切れず、原則とする2週間以内の発送ができなくなり、ティッシュペーパーなどの同社製品とともに受け付けを停止した。

 市の担当者は「寄付はありがたいが、要因がデマなので複雑だ。早く落ち着いて受け付けできるようになってもらいたい」と話す。

 王子ネピアの担当者は「当社を含め国内メーカーには十分な生産能力がある。原料調達も問題ない。普段通りのペースで購入してもらえれば、品薄になることはない」と説明する。

 本巣市には、2月28日から3…

この記事は有料会員記事です。残り413文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。