[PR]

 若狭地方に春を呼ぶ福井県小浜市の伝統行事、お水送りが2日夜、遠敷(おにゅう)川上流の鵜(う)の瀬などであった。奈良・東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)(お水取り)に、水清き国・若狭小浜から水を送るとされる奈良時代から伝わる若狭神宮寺の神事だ。

 境内の大護摩から採火された大小のたいまつは、山伏のほら貝を先頭に、白装束の僧や一般参加者らが行列となって約1・8キロ上流の鵜の瀬に。たいまつの炎は、川辺に設けられた護摩壇に移され佳境を迎えた。神事をつかさどる水師が送水文(もん)を唱える中、筒に入った御香水(こうずい)を住職が岩の上から遠敷川の淵の流れに注いだ。(菱山出)