[PR]

 楽天は3日、4月に本格参入する携帯電話サービスの料金を月額税抜き2980円とすると発表した。東京23区、大阪市、名古屋市など自社が通信網を整備したエリアでは、使えるデータ通信量を無制限とする。料金プランはこの一つに絞り、3日からオンラインで契約の受け付けを始めた。店舗では4日からで、サービスは4月8日に始める。

 この料金は、携帯電話大手3社の大容量プランに比べて半額以下となる。NTTドコモは上限60ギガバイトで6980円、KDDI(au)は無制限で7480円、ソフトバンクは50ギガで7480円(いずれも税抜き)のプランがある。三木谷浩史会長兼社長は3日、インターネット上で開いた説明会で、「衝撃的な価格だ」と胸を張った。国内の音声通話は、独自アプリを使うことで無料にする。国内から海外への通話は月980円でかけ放題とする。

 大手の料金プランは様々な割引があり、複雑となっている。プランをシンプルにすることで大手との違いを強調する狙いもありそうだ。NTTドコモとKDDI(au)が残している最低利用期間の設定と途中解約時の違約金もない。

 300万人を対象に、最初の1年間は無料とするキャンペーンも行う。自社が基地局を整備した通信網のエリアではデータ通信が無制限だが、それ以外でauの通信網を借りる地域では月2ギガバイトの上限がある。上限を超えると動画をスムーズに見られないくらいに通信スピードが落ちる制限がかかる。データの追加購入費は1ギガで500円。自社エリア外に住む利用者が楽天を選ぶハードルとなりそうだ。

 楽天の携帯事業を手がける「楽…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら