[PR]

 米大統領選に向けた民主党の候補者選びで、14州が一斉に予備選を行う「スーパーチューズデー」が3日にある。直前に穏健派の候補が次々と撤退し、ジョー・バイデン前副大統領(77)への支持を表明した。革新派のバーニー・サンダース上院議員(78)に対抗するためだが、功を奏するかが注目される。

 バイデン氏は2日夜、テキサス州ダラスで複数のイベントを開いた。一つ目には、前日に撤退したばかりのピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長(38)が参加し、「まひした政治を立て直さなければならない」とバイデン氏の支持を表明。感極まったバイデン氏は、46歳の若さで亡くなった長男ボー氏の名を出して「ブティジェッジ氏はボーを思い出させる。無限の可能性を持っている」と持ち上げた。

 直後の集会では、エイミー・クロブシャー上院議員(59)が登壇し、「今後も民主党が割れて戦い合えば、トランプ氏がさらに4年間米国を分断させる。今こそ行動が必要だ」と発言。撤退表明と合わせてバイデン氏への支持を呼びかけた。

 集会の最後には、テキサス州で人気が高いベト・オルーク前下院議員(47)も登場。「分断した米国には傷ついた人々を癒やす誰かが必要だ。ジョー・バイデン氏が米国を癒やす」と支持を表明した。バイデン氏は「明日の民主党員の判断は、何を信じ、何を成し遂げる政党なのかを決定づける」と叫んだ。

 穏健派による動きは、公的な国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら