[PR]

 新型コロナウイルスの感染が世界で広がり、東京五輪開催への懸念が高まるなか、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は3日、「IOCは7月24日から開催予定の東京五輪成功に向けて、今後も全力を尽くしていく」と宣言した。3日、スイス・ローザンヌで開いた理事会の途中で報道陣に語った。

 安全な大会実施に向けて、IOCはすでに2月中旬から東京大会組織委員会や東京都、日本政府、世界保健機関(WHO)との作業部会(タスクフォース)を発足。「どんな事態に発展しても対応できる態勢にしていく」と今後も関係各所との協力を強調した。

 また、予選大会の場所や時期変更など、柔軟に対応している各国・地域の政府や各競技の国際連盟、各国オリンピック委員会(NOC)、選手たちの連帯を高く評価。アスリートには、ホームページなどを通じて最新の情報を届けていくことを約束し「東京大会の成功を確信している。選手たちには準備を続けてほしい」と語った。(ローザンヌ=遠田寛生)