[PR]

 新型コロナウイルスの感染が相次いだ済生会有田病院(和歌山県湯浅町)は4日、先月13日に最初の感染者が確認された後、停止していた外来診察を再開した。病院関係者の検査の結果、2週間にわたり、新たな感染者が確認されなかったため。地域住民らが朝から続々と診察に訪れた。

 午前8時、伊藤秀一院長が入り口前で「本日から通常業務を再開し、今後は地域の方のために貢献したい」とコメントし、病院の安全を宣言。午前8時半には、外来診察の受け付けが始まった。早速訪れた同町の男性(65)は「この近くに大きな病院はないので、再開してうれしいですね」と語った。

 同病院では2月13日、50代の男性外科医の感染が判明し、外来の受け付けを停止した。外科医を含め、同僚医師、入院患者3人の計5人の感染が確認され、院内感染が疑われている。うち一時入院していた70代男性は28日に死亡した。

 県は24日までに病院関係者計474人のウイルス検査を実施し、感染がわかった5人以外の469人の陰性を確認。その後、新たな感染者が出なかったため、2週間の経過観察期間を経て、4日から通常業務を再開した。

 仁坂吉伸知事は「病院の正常化ができてよかった。すべての危機が去ったわけでないので、注意深く緊張感を持って新型コロナ対策に臨んでいきたい」と語った。(藤野隆晃、山田知英)