[PR]

 政府は4日午前の参院予算委員会理事会で、国が保有するマスク数を報告した。総数は743万1300枚とする一方、民間に放出できる枚数は「調査中」とした。政府は新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な北海道にマスク400万枚を配る方針だが、全国でも品薄の状態が続いている。

 参院予算委理事会で、内閣官房が報告した。2日時点の総数で、新型インフルエンザの発生に備えて各府省庁が保有していたものや、日常業務で使用するためのものが含まれている。担当者は「総数は日々変動する」としたうえで、「民間にどのくらい出せるかは現在調査中だ」と説明した。

 また、厚生労働省は全国の検疫所でマスク約18万8千枚、防護服約2万着を保有していると報告。このほか、クルーズ船対応のためにマスク約9万1千枚、防護服約2万3千着を新たに調達したという。(鬼原民幸