[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大による航空需要の減少を受けて、全日本空輸と日本航空は4日、国内線を減便するとそれぞれ発表した。国際線では中国便を中心に減便をしてきたが、影響は両社の稼ぎ頭となる国内線の基幹路線に及ぶ事態となった。

 全日空は6~12日、9路線の計206便を減便する。1日あたり国内線の約4%が減便になる。対象の路線は羽田―札幌、羽田―福岡、中部―札幌、大阪(伊丹)―札幌、福岡―沖縄など。大型テーマパークの休園などもあり、需要が減っているという。

 日航も6~12日、国内29路線の計352便を減らす。1日あたり約6%の減便になる。羽田―札幌、羽田―福岡のほか、羽田と東北、四国、中国地方を結ぶ広い範囲が対象になる。政府によるイベントの自粛要請を受け、需要が急減したためという。

 両社は、13日以降については「状況を見て便数を判断する」としている。(南日慶子、高橋尚之)