[PR]

 4日午前7時50分ごろ、大阪府大阪狭山市岩室1丁目の金属販売会社近くの路上で、「男性が血を流して倒れている」と通行人の男性から119番通報があった。府警黒山署などによると、出勤してきた同社役員の男性(59)=和歌山県橋本市=が後ろから近づいてきた男に包丁で首を刺されて負傷した。意識はあり命に別条はないという。府警は殺人未遂容疑で逃走した男の行方を追っている。

 捜査関係者によると、被害男性が持っていたカバンには多額の現金が入っており、男はカバンを奪い取ろうとしていたとみられる。

 黒山署によると、役員の男性と男がもみ合っていたところに通行人の男性が助けに入り、男の上着をつかむと、男は上着を脱いで「ごめんなさい」と言い、上半身裸のまま逃げたという。男は年齢20歳前後、身長約170~175センチ。使用したとみられる包丁は現場に落ちていた。現場は南海高野線大阪狭山市駅から西に約1・6キロの住宅や店舗が点在する地域。