[PR]

村山斉の時空自在〈23〉

 宇宙は生まれた直後、めまぐるしく変化していた。その間に、何度か「相転移」があったと考えられている。

 水蒸気が冷えると水滴になる。これを「気体から液体に相転移を起こした」という。さらに冷やすと凍りついて固体の氷になる。これも相転移だ。ところが急冷して氷を作ると全体が透明にならない。中に水が閉じ込められていたり、結晶にひびがあって濁って見えたりする。

 宇宙も誕生直後の1万分の1秒歳の時に相転移があった。それまでバラバラに飛んでいたクォークという素粒子がくっつき、私たちの体の元になる陽子や中性子ができた。最近は大型加速器を使って陽子や中性子を衝突させて「融(と)かし」、クォークのスープを作れるようになった。

 さらに前、宇宙が1兆分の1秒…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら