[PR]

 稲垣吾郎が、31年ぶりにNHKの連続テレビ小説に出演している。焼き物の里で知られる滋賀・信楽(しがらき)を舞台にした「スカーレット」の終盤の鍵を握る医師役を演じる。芸能界のことが何も分かっていなかった10代のころと、SMAPを解散してすべてがリセットされた中での今回と。朝ドラとの縁を、大事につないでいきたいという。

拡大する写真・図版「スカーレット」で医師役を出じる稲垣吾郎=2020年2月、大阪市中央区、井手さゆり撮影

 前回出演したのはSMAPがCDデビューする前の1989年、「青春家族」だった。ヒロインの弟役でドラマデビューした。「(SMAPの)グループみんなでオーディションを受けに行ったんですけれども。見事、僕が受かりまして。ライバルたちを抜いて」と笑って振り返った。

 まだ15歳ごろのこと。「そんな目立つような子どもでもなかったですし、それまであまりほめられたことがなかった。それが演技したことによって、共演したいしだあゆみさんや橋爪功さんにすごくほめていただいたんですね。アイデアとかもそのまま生かしてくださったりして。一人の俳優として役者として芸能界で生きていく人間として、初めて認められた感じがして、すごくうれしかった」といい、「キラキラした思い出」と話す。これが「お芝居の道を進んでいきたいな、自分が一番やりたいのはドラマなんだなと思えた」原体験となった。

 そのころ、SMAPのメンバー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら