見た目で論評されても… 「常に自分の好きな服着る」

有料会員記事DearGirls

聞き手・高重治香
写真・図版
三浦瑠麗さん=北村玲奈撮影
[PR]

 テレビや論壇誌で活躍する国際政治学者の三浦瑠麗さん。男性が多い大学や研究の世界で仕事をし、女性としての経験から発言しようとした時、男性中心の慣習や文化の見えない壁にぶつかりました。

     ♢

 メディアに出ると、硬い話題を話す目立つ女性が少ないことから、話す内容よりも、見た目や話し方をあげつらわれることが多いですね。フィンランドのように、閣僚の半数以上が女性の国だったらきっと起きないことでしょう。

 長い髪をはじめ、女性としての自分の特徴を殺さずに男性と対等に話す存在は、日本では特異なのでしょう。それを見て、もし「えらそう」と感じてしまうのだとしたら、私のような存在をどう位置付けていいか、分からないからなのかもしれない。

 「男性受けをねらっている」と言われたりすることについてどう思うか、ですか?……そうですね。あなた(インタビュアー)自身がそう言われたら、全否定しますか?それとも、単にムッとするのでしょうか?

 私が答えるとしたら、常に自…

この記事は有料会員記事です。残り3512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。