岐阜)卒業証書の紙、6年生自ら手すき 飛騨の山中和紙

有料記事

山下周平
[PR]

 岐阜県飛驒市の市立河合小学校の6年生8人が、自分たちの卒業証書に使う和紙づくりに挑戦した。

 同小では、鎌倉時代から続く地元の伝統工芸「山中和紙」の技法を使って卒業証書の紙を作る行事が20年以上も続いている。

 8人は2月12日、「現代の名工」にも選ばれた柏木一枝さん(84)の指導を受け、紙の原料のコウゾの繊維と粘りけのあるトロロアオイを混ぜた液体を金網を張った木枠にすくい、均等にならして紙をすいた。

ここから続き

 児童はコウゾの寒ざらしも体…

この記事は有料記事です。残り134文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。