[PR]

 暴行はしていません――。千葉県野田市で小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件の裁判員裁判は4日、千葉地裁で初めての被告人質問があった。傷害致死などの罪に問われた父親の勇一郎被告(42)は、起訴された一部の暴行罪については改めて否認し、検察側と食い違う主張を繰り返した。精神科医と被告の母親の証人尋問もあった。

被告人は…

 「『たたいたり蹴ったりしていません』と答えました」

 どう語るか注目された被告人質問。被告は2017年11月、心愛さんが一時保護された後の県柏児童相談所の職員との面談で、心愛さんへの暴力を問われると、こう応じたと語った。

 被告は、これまでの検察側の主張に反論し、暴行行為を否定した。

 心愛さんとの面談時について、被告は「はにかんだ様子で、私が手を差し出すと、心愛も手を伸ばしてくれた」「『パパの手、冷たい』と言って、すぐに手を離した」などと語った。一方、県の第三者検証委員会の報告書は、この時の心愛さんについて「泣きっぱなし。父が『家で待っている』と手を差し伸べたが、手を引っ込めた」としており、矛盾する内容になった。

 17年11月6日、心愛さんが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら