[PR]

 18歳未満の子どもがゲームで遊ぶ時間を「平日60分」までとする香川県の「ゲーム条例」案。早ければ4月にも施行される。他の自治体にも広がりそうだが、条例で制限できるのか。

尾木直樹さん「ゲームなどにはまると…」

 香川県の条例案は、スマホやゲーム依存の問題を議論するきっかけをつくったという点で評価できます。一方的な時間制限には効果に疑問を感じますが、この問題を家庭任せにしないためにも、条例は必要だと思います。国としても取り組むべき課題です。

拡大する写真・図版教育評論家の尾木直樹さん

 厚生労働省による2017年度の調査では、ネット依存の疑いがある中高生は全国で約93万人と推計されました。ネットから隔離して、入院治療が必要な子もいます。ゲームなどにはまると生活が乱れ学業成績も急落します。

 先進国の中で、日本はゲーム依存に対する危機感が低いと思います。数年前までは、診察できる機関は全国で数カ所程度。今は40カ所ほどになりましたが、診察まで数カ月待ちというところもあります。一方で、他国は取り組みが進んでいます。韓国は、小・中・高校生に対して調査し、必要に応じて治療をしています。16歳未満の少年が午前0時~翌朝6時まではオンラインゲームにアクセスできない制度も作りました。

 香川県の条例案は、家庭や学校…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら