[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国立大学協会は5日、国立大の学生に対し、遠出や帰省などの自粛を求める永田恭介会長(筑波大学長)のメッセージをホームページ上で公表した。全国86の国立大学の振興などを目的とする一般社団法人である同協会が、学生に対して直接メッセージを発するのは異例だ。

 ウイルス学が専門の永田会長はメッセージで、「若者は、感染していても症状が出ない場合もあり、自分自身が感染源となって他者に感染させる可能性も十分にあることを自覚してください」と指摘。そのうえで、「帰省や旅行(海外も含む)など居住地域を越えての移動は感染リスクが高まるのと同時に、全国に感染を広げることにつながりかねない」などとして、慎重に判断するよう求めた。

 永田会長は加盟する各大学に対し、「このメッセージを活用して、学生たちに呼びかけてもらいたい」と述べた。(増谷文生