駅員、黒板に「卒業証書」SNSで話題 学生たちに感謝

有料記事

小瀬康太郎
[PR]

 今日まで毎日駅を利用してくれてありがとう――。県内で卒業式のある日、鹿児島中央駅(鹿児島市中央町)の在来線改札口付近に、駅員らが手作りした「卒業証書」が置かれている。「心あたたまる」「こんな大変な時期に素敵」などとSNSでも話題を集めている。

 同駅の若手駅員らが今年初めて企画し、縦70センチ×横120センチの黒板をカラフルな桜や列車の絵で彩った。

 黒板には「大雨に弱い指宿枕崎線」「動物にぶつかる日豊本線」「意外としぶとい鹿児島本線」と各路線をユーモアを交えて紹介。

 「使い勝手のいい駅ではなかったかもしれない」「元気に通学する姿をみて元気をもらっていました」「ご卒業おめでとうございます」と、駅を利用した卒業生たちへ、温かな視線で感謝を伝える言葉がつづられている。

 新型コロナウイルスの影響で…

この記事は有料記事です。残り249文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。