[PR]

 東日本大震災で被害に遭った岩手県野田村の住民らが8日、米ニューヨークのNY日系人会館で開かれる3・11追悼式に初めて出席する。ニューヨークやその周辺で暮らす北海道と東北6県の出身者らで作る「ほくほく会」が催す式典だ。会はこれまで毎年、読経や黙禱(もくとう)を続けてきた。

 出席するのは、1千年後の子供たちに震災を伝えようと、村で植栽活動をしている「のだ千年の松」代表の坂本久美子さん(61)ら8人。

 坂本さんと親交があり、復興を支援する奥州市出身の歌手松本哲也さん(43)が3年ほど前、ニューヨークにも被災者を応援してくれた人やアーティストがたくさんいるはずで、感謝を伝えたいと言ったことがきっかけだ。坂本さんが岩手県人会を通じ、ニューヨークで追悼式を続けているほくほく会のことを知って連絡をとり、今回の出席が決まった。

 渡米するのは坂本さん夫婦と宇…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら