[PR]

 高速道路上でトレーラーが横転して積み荷のゴミが散乱したとして三重県警高速隊は6日午前3時45分ごろから、伊勢湾岸自動車道下り線の湾岸弥富IC(愛知県弥富市)―湾岸長島IC(三重県桑名市)間の約5・1キロを通行止めにしている。午前7時時点で規制解除の見込みは未定だという。

 高速隊によると、下り線を走っていたフルトレーラーの後部車両が何らかの事情で切り離され、横転。散らばったゴミが車線をふさいでいるという。現場は愛知・三重県境の三重県側の直線部分。運転席のある前部はそのまま走行し、運転手にケガはなかった。