[PR]

 栃木県鹿沼市議会の鰕原一男市議(72)=自民=が4日の市議会一般質問で、ナチスドイツの独裁者ヒトラーとナチスのシンボルのハーケンクロイツ(カギ十字)の写真を掲げ、佐藤信市長の市政運営を批判した。市議会は懲罰動議の検討を始めたという。

 「いちご市」を名乗り特産のイチゴを売り込む鹿沼市。鰕原市議は市がPRのために作った「いちご旗」にかみ付いた。

 ヒトラーとハーケンクロイツの写真を手に「独裁者がこの旗の下、善良な国民を団結させたように旗は怖さも持つ」と発言。続けて市長といちご旗の写真を掲げ「いちご旗は議会承認も求めず、国旗とともに掲揚するのは軽々し過ぎる」と非難した。

 佐藤市長は取材に対して「大量虐殺をしたヒトラーと私を同一視するのは極めて不適切で看過できない。ヒトラーとハーケンクロイツを議場で掲げるのは市議会に対する冒瀆(ぼうとく)で、議会の品位や良識を踏みにじる行為」と批判。市民へ謝罪するよう本人に申し入れた。

 鰕原市議は取材に「市長は悪のりが過ぎて大変危険だと思っている。それを分かりやすく話した。批判されるのも覚悟していたが、信念をまげることはない」と釈明した。鰕原市議は当選5期。(中野渉