[PR]

 米大統領選に向けた民主党の候補者選びで、革新系のエリザベス・ウォーレン上院議員(70)が5日、選挙戦からの撤退を表明した。これで革新系の有力候補者はバーニー・サンダース上院議員(78)のみとなり、中道・穏健派のジョー・バイデン前副大統領(77)との一騎打ちが鮮明になった。

 ウォーレン氏は5日、マサチューセッツ州の自宅前で記者会見し、「選挙戦には(革新系と中道・穏健派の)二つの道とは違うやり方があると考えていたが、そうではなかった」と述べ、選挙戦で埋没したことを認めた。バイデン氏とサンダース氏のどちらかを支持するかについては「少し時間がかかる」と述べ、明言しなかった。

 元ハーバード大教授で政策通のウォーレン氏は「私には考えがある」が口癖で、公的な国民皆保険を導入する「メディケア・フォー・オール」や、その財源に富豪や大企業へ増税することなどを主張。昨秋には一時、世論調査でトップに立つ勢いを見せていた。(ワシントン=土佐茂生)