[PR]

 新型コロナウイルス感染症対策の一環として、日本政府が発表した韓国からの入国制限措置について、韓国大統領府は6日午前に国家安全保障会議(NSC)を開いて対応を協議した。会議後、大統領府は「このような不当な措置を、韓国政府と事前に協議をせずに取ったのは納得できない」として、強い遺憾の意を表明。必要な対抗措置を検討していくとした。

 大統領府によると、NSCは鄭義溶(チョンウィヨン)・国家安保室長らが出席して行われた。韓国の防疫対策は科学的であり「世界が評価している」と確認。一方、日本の防疫措置は「不透明で消極的」であり、「国際社会から不信を受けている」と評価した。丁世均(チョンセギュン)首相も同日、「非常に遺憾だ。過度で不合理な措置を直ちに撤回することを求める」と述べた。

 韓国外交省は同日午前、「このような不合理で過度な対応措置を取ったことは極めて遺憾」として、措置の撤回を求める報道声明を発表。同日中に冨田浩司駐韓大使を同省に呼び、抗議と遺憾を伝える予定だ。

 同省は声明で、「韓国の優秀な…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら