[PR]

 韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が、米アカデミー賞で作品賞や国際映画賞など4冠を達成し、舞台となったソウルの半地下住宅に注目が集まっています。映画には、ソウルの半地下住宅に暮らす貧しい一家が登場しますが、世界には「半地下」どころか、完全に地下の空間で暮らす人たちもいます。どんな人たちが、なぜ地下に住んでいるのでしょうか。

拡大する写真・図版各地のスラム街などを取材しているジャーナリストの丸山ゴンザレスさん。地下住民を紹介した著書「世界の混沌(カオス)を歩く ダークツーリスト」が文庫化されたばかり=東京都調布市国領町

 「世界の混沌(カオス)を歩く ダークツーリスト」などの著書があり、各地の危険地帯やスラム街を訪ね歩いているジャーナリストの丸山ゴンザレスさん(42)は、米ラスベガスやニューヨークで、地下生活を送る「地下住民」に出会いました。地元住民による目撃情報を手がかりに、きらびやかな街の足元にある地下道や、建物の基礎と地盤との隙間を探索すると、ビールの空き缶や毛布といった人が暮らしている痕跡にたどり着きました。

 丸山さんがラスベガスの地下で出会ったビリーさんは元軍人。十数年前から地下で暮らしていました。「パナマもイラクも行った。おかげで心を病んでしまい、家族も失った」。丸山さんが地下で暮らす理由を尋ねると、そうつぶやいたといいます。

拡大する写真・図版パナマやイラクでの従軍経験があるというビリーさん。10年以上、地下で暮らしている(米ラスベガス、丸山ゴンザレスさん提供)

 地下道内の暗闇には、ひもで結ばれた缶が転がっていました。「泥棒対策のブービートラップだ。音がしたら迎撃する」。ビリーさんは、泥棒や洪水の際の鉄砲水を警戒しながら暮らしていました。

 丸山さんはラスベガスで他にも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら