[PR]

 日立製作所は6日、例年は対面式で実施している就活生向けの座談会をインターネット経由で開いた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためで、来週以降、約800人の就活生を対象に同様の座談会を開く予定だ。

拡大する写真・図版ネット経由の座談会では、就活生同士も互いの顔が見られるようになっているという=東京都千代田区

 この日、公開された座談会では、東京・丸の内の日立本社にいる採用担当の社員のタブレット端末と、リクルートスーツ姿などの5人の就活生のパソコンやスマートフォンをネット経由でつなぎ、仕事のやりがいなどについて約15分間話し合った。ネット経由の座談会について就活生からは「仕方がない」「交通費と時間の節約になり便利」との声がある一方、「音声が聞き取りづらい」「対面でしか伝わらないものもある」などの意見も聞かれた。

拡大する写真・図版採用担当者は、話す学生の映像を大きくするなどの操作をしながら会話していた=東京都千代田区

 日立は選考試験の面接を含む採用活動すべてについて、対面による接触を避け、ネット経由などでのやり取りで実施するとの方針を発表している。今春入社予定の新入社員についても入社式の中止を決めている。(小出大貴)