[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための一斉休校をめぐり、福岡市のある市立中学校が休校中の様子を知るため事前連絡なしに家庭訪問をするというメールを保護者に送った。保護者の一部は「生徒を自宅に縛り付けておく『抜き打ち』だ」と批判。学校側は6日、「個別かつ柔軟に対応したい」とするメールを改めて出した。

 同校などによると、休校前に返せなかった学年末テストを返却し、生徒の健康状態を知るため、1、2年生を対象に9~13日に家庭訪問をすることを決め、4日に保護者にメールで通知した。その際、「居宅の状況を把握するために、担任から訪問時間の連絡はしない。本来学校があっている時間は自宅にいるようにしてください」などと記した。

 これに対し、保護者の一部は「塾や保護者の仕事場、親類の家などで過ごすといった各家庭の事情を無視している」として、学校や市教委に文書で撤回を求めた。子どもだけで自宅で過ごす場合、インターホンや電話に出ない家庭も多く、日時を指定しない訪問への対応は「防犯や子どもの安全から問題」などとも指摘した。

 同校の校長は取材に、「事前に日程を組んでも予定通りに行けない可能性があるため、事前連絡しないとメールした。『抜き打ち』と取られたのは残念。家にいなかったら注意するなどとは考えていない」と説明。一方、6日のメールでは「本校の校区でも『中学生が集まって遊んでいる』という連絡を受けています。不要不急の外出は避けてもらいたい」とした。

 文部科学省健康教育・食育課の担当者は「求めているのは人混みに行かないなど感染しないような配慮。ずっと家にいることではない。一日中家にいるのは健康によくない」とした上で、「学校ごとに状況は異なる。どう指導するかは各学校長の判断」と説明している。(島崎周、渡辺純子)