[PR]

 服飾ブランド「アースミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナル(岡山市)は6日、臨時取締役会を開き、創業社長の石川康晴氏(49)が同日付で辞任したと発表した。

 石川氏をめぐっては、女性社員らに対して複数のセクハラ行為があったとして2018年12月に臨時査問会が開かれ、石川氏は厳重注意を受けた。ただ、同社は「セクハラ行為は認められず、処分もなかった」と説明していた。6日時点でもセクハラ行為については認めていない。

 石川氏は午後5時から開かれた臨時取締役会で、「一連の報道でお騒がせしており、会社への影響を考えて辞任したい」と申し出たという。ストライプ社の広報によると、石川氏の役職はなくなるが、同社の株式の40%を保有し、会社のオーナーであることは変わらないという。後任の社長には専務取締役の立花隆央氏(48)が就任した。

 社外取締役らによる査問会では、石川氏が宿泊研修中の女性社員を自室に誘おうとしたり、地方在住の女性スタッフを東京に呼び出して「デート」に誘おうとしたりといった4件が報告された。

 朝日新聞が入手した査問会向けの資料には、石川氏が女性社員・スタッフをホテルや食事に誘ったとみられるSNSのメッセージ画面が多数載っていた。石川氏が自らの写真を送ったり、女性に写真を送るよう求めたりするやりとりのほか、ホテルで石川氏に無理やりわいせつ行為をされたという女性への聞き取り記録も残っていた。

 同社の広報担当者は5日までの朝日新聞の取材に「LINEなどでのやりとりでは上司と部下として誤解を招く表現があった。スタンプや絵文字を友達感覚で使ってしまった」「食事やホテルに誘ったことは認める」などと回答。セクハラやわいせつ行為については否定していた。

 石川氏は、男女の人権尊重や政策立案への女性の参加を目的とした内閣府の男女共同参画会議(議長・菅義偉官房長官)の議員を務めているが、5日、「報道が出てご迷惑をおかけしてしまっているため」として同社側から辞任する意向を内閣府に伝えていた。

 ジェンダーに詳しいフリージャーナリストの治部れんげさんは「かつては『スケベなおやじ』と言われるだけで、経営トップのセクハラは黙認されていたが、今は経営ガバナンス上の問題として許されなくなっている。社外取締役は社長の説明責任を厳しく追及しなくてはいけない」と話した。

 性暴力被害に詳しい太田啓子弁護士は「役員会がトップのハラスメントを抑制し、責任を取らせることができなかった問題は大きい。創業者で大株主の社長となれば、組織の中では絶対的な権力者。組織としての自浄作用が働かなかったのだろう」と指摘する。経営者からのセクハラに対して従業員がNOを突きつけるには、仕事を失う覚悟が必要といい、「断ることができなかったと自分自身を責めている女性たちには『あなたたちは悪くない』と伝えたい」と話す。

     ◇

 ご意見や情報をkeizai@asahi.comメールするにお寄せください。(藤崎麻里牛尾梓、高橋末菜)