[PR]

 三重県教育委員会の第三者による「県いじめ対策審議会」は6日、2018年に自殺した県立高校1年の男子生徒(当時16)に関する調査報告書を県教委に提出した。審議会は、生徒間のLINEでのやりとりなど7件をいじめと認定。うち6件をいじめと自殺に「因果関係が認められる」と指摘した。

 県教委によると、男子生徒は夏休み中だった18年8月19日に死亡。遺族が同月末、「子どものスマホで、同じ高校の生徒から来たLINEにいじめと疑われる書き込みがあった」と学校に連絡。同年11月に第三者による調査を申し入れ、県教委が弁護士ら5人でつくる審議会に調査をゆだねていた。

 この日は審議会長の尾高健太郎弁護士が津市内で会見し、口頭で説明した。

 尾高氏によると、6件は18年5月末~8月にあった、部活動で雑用や掃除をきつい言葉で言いつけられたり、手でたたかれたりした▽部活動のLINEグループで「かす」「いらんわ」と投稿された▽公開を望まない画像をクラスメートのLINEグループに投稿された――などの行為。上級生3人と同級生1人を加害生徒と特定した。

 尾高氏は「いじめだけによって、自死に至ったとは考えていない」としたうえで、「少なくともいじめがなければ、生徒が自死を選ぶことがなかったという意味で、いじめと自死の間に因果関係を認められる」と話した。

 一方、審議会は学校の教員がい…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら