[PR]

 JR北海道は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために外出自粛の要請が出た2月29日~3月1日の2日間、特急列車の利用者が前年の同じ時期の週末と比べて7割減少したと明らかにした。旅行や出張などを控える動きは続いており、列車の本数を絞り込む減便の検討を始めた。

 特急以外の利用状況は、新千歳空港駅発着の快速エアポートが50%減、北海道新幹線(新青森―新函館北斗)が65%減という。

 中国人観光客の減少が目立ち始めた2月の利用者は特急が30%減、快速エアポートが10%減、北海道新幹線が15%減。北海道が2月28日に「緊急事態宣言」を出して週末の外出を控えるよう求めたため、国内外の観光客に加え、道民の移動が一気に少なくなったとみられる。

 JR北の綿貫泰之常務取締役は6日の会見で、感染拡大防止の取り組みには最大限協力したいとしたうえで、「非常に厳しい結果だ。いつ収束するのか、見当がつかない」と述べた。運行にかかる燃料費などを抑えるため、減便を検討しているという。

 JR北がこの日発表した201…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら