[PR]

 日本政府が新型コロナウイルス感染症対策として、9日以降に中国と韓国からの入国制限を強化することに対し、韓国外交省は6日、日本人に認めている査証(ビザ)免除措置(90日以内)と発行済み査証の効力を停止すると発表した。事実上の対抗措置で、すでに入国した人は除き、9日午前0時から適用する。

 発表によると、日本から来る外国人に対しても、入国時の検疫などの手続きを強化する。また、韓国国民の海外渡航に関する警報で、日本を4段階のうち最も低い「旅行留意」から1段階高い「旅行自粛」に引き上げる。さらに、今後は日本発着便について、韓国内の空港使用を制限することも検討する。

 韓国の康京和(カンギョンファ)外相は外交省の発表に先立ち、冨田浩司駐韓大使を呼んで、「非友好的で非科学的だ」として遺憾の意を表明。早期の撤回を求めた。

 康氏は「十分な協議も事前通報…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら