[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知県内でもイベント中止や施設の休館が相次いでいる。そのなか、感染リスクが低いとされる屋外型の施設は工夫しながら営業を続けている。

 東山動植物園(名古屋市千種区)はヘビやカエルがいる「自然動物館」や「世界のメダカ館」など建物内部の5施設を観覧中止にしたが、主な動物は鑑賞できる。ただ、東京の上野動物園や大阪の天王寺動物園はすでに休園しており、担当者は「感染の広がりを見ながら迅速に対応できるようにする」と話す。

 名古屋城(同市中区)は本丸御殿など建物の入場を中止しているが、それ以外の制限はない。本丸御殿も板戸を広く開け、外からでもできるだけ内部が見えるように工夫している。

 12種700本のしだれ梅があ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら