[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、金融市場の混乱が続いている。急激な円高と長引く株安に、家計や企業はどう臨めばいいのか。

 6日の円相場は半年ぶりに一時1ドル=104円台をつけるなど円高ドル安が進み、直近2週間で7円以上の急激な円高となった。日経平均株価の6日の終値は前日より579円37銭安い2万749円75銭と大幅反落。昨年9月4日以来の安値をつけた。6日の米ダウ工業株平均も大幅続落で始まり、前日終値からの下げ幅は一時、800ドルを超えた。

 日経平均は機械や自動車など輸出関連株中心に幅広く売られ、下げ幅は一時、700円超に。前日の米株式市場でダウ平均が969ドル(3・58%)安となった流れを受けた。

 米国では新型コロナウイルスの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら