[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休園している横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)は毎日、ツイッターに動画の投稿をしている。「#Twitterで楽しむ水族館」として投稿し、生き物たちの何げない日常風景に、いいねの数やリツイート数が急増している。

 約5万匹のイワシの大群が水槽の中を優雅に駆け巡る動画は、4万回以上の再生回数を記録した。顔にえさがついたカピバラが仲間の顔をなめる動画は、思わず笑みがこぼれる。

 運営会社の横浜八景島によると、ツイッターの投稿は休園が始まった2月29日から始め、16日の再開まで発信し続ける予定だという。担当者は「動画を通して生き物の魅力や癒やしを届けたい」と話した。シーパラの公式ツイッター(https://twitter.com/_seaparadise_別ウインドウで開きます)で視聴できる。(岩本修弥)

関連ニュース