50代警部、休憩中に泥酔し遅刻 香川県警が停職処分に

長妻昭明
[PR]

 休憩中に泥酔し、こたつで寝入って遅刻したとして、香川県警は6日、県警本部で勤務する50代の男性警部を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。県警は辞職を勧めたが、「もう一度、がんばらせて下さい」と話しているという。

 県警によると、警部は休憩時間だった2月5日午後7時半から高松市内の親族宅に行き、個人的な相談に乗っていた。安心した親族から「飲みましょう」と勧められ、ウイスキーの水割り5杯を飲んで泥酔。こたつの中で寝てしまい、勤務を始める予定だった6日午前1時半に出勤しなかったという。

 警部の携帯電話が何度も鳴り、親族が起こして1時間遅れで出勤。会話ができないほど酔っていたため、同僚らが寝かせ、朝になって同僚ら3人がかりで公用車で自宅に届けた。

 上杉克也首席監察官は「誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした。(長妻昭明)