[PR]

 京都を拠点とする狂言・茂山千五郎家が8日午後2時から、動画投稿サイト「ユーチューブ」で自分たちの狂言をライブ配信する。新型コロナウイルスの感染拡大による公演自粛で出演キャンセルが続いた狂言師たちが、「非接触型」の狂言会として企画した。

 「YouTubeで逢(あ)いましょう!」と題した配信は今回で2回目。1日にあった1回目は、相次ぐ公演自粛で「暇を持て余した」千五郎家のメンバーが、人気の演目「蝸牛(かぎゅう)」や「萩大名(はぎだいみょう)」のほか、視聴者とやりとりができるチャット機能を使ってリクエストを募り、英語を織り交ぜたバイリンガル狂言で「しびり」を披露した。

 配信は、メンバーによるトークをはさみながら2時間40分に及び、常時約500人が視聴。「あっという間の時間でした」「家族で拝見しました」などのコメントが寄せられた。

 2回目の演目は検討中。千五郎…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース