[PR]

 宮崎牛が海外で存在感を示している。和牛の海外での知名度は圧倒的に「神戸牛」だが、宮崎牛も輸出を伸ばしており、米アカデミー賞後のパーティーでも振る舞われた。官民挙げての宮崎牛の海外戦略とは。

 宮崎牛を世界に送り出す最前線の拠点が、宮崎県中部の都農町にある。

 食肉加工・販売会社ミヤチク(同県都城市)の新工場には丸々とした黒毛和牛が並ぶ。昨年3月に完成したばかりで、部分肉を除く1日の処理能力は60頭だ。

 欧州連合(EU)の基準を満たせるように、欧州で広がる「アニマルウェルフェア(動物福祉)」の考え方を採用した。給餌(きゅうじ)や給水の環境を整備し、牛のストレスを軽減している。

 昨年8月、サーロインなど約1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら